事業内容

業務アプリケーション開発

MDA開発への取り組み

弊社はソリューションプロバイダーとしてお客様へより最適なシステムをご提供するため、システム分析・開発手法の確立に取り組んでいます。その取り組みの一つとして、3S(Smart、Satisfy、Swift)を実現するためにPEXA™ Suiteを利用したMDA開発手法を推進しています。
※PEXA™ Suiteは株式会社アトリスの登録商標です。
※MDA開発手法とは、「Model Driven Architecture:モデル駆動アーキテクチャ」を指します。

-最適かつ均一的な設計-

業務プロセスから最適なシステム仕様を導出することは必要不可欠です。業務プロセスから設計書を作成する従来どおりの手法では、担当者毎に機能仕様の設計にばらつきが発生しやすいという問題があります。この場合、設計規約の策定やレビューの実施で対策を施しますが、これらの対策では完全に担当者への依存を排除できず、費やす工数の割に大きな効果が望めません。
弊社では主に取り扱う情報(帳票、画面等)に着目したDOA設計手法を用いてモデリング(業務モデルの導出)を実施します。この業務モデルを共有することで、最適かつ均一な機能仕様を保全します。
※DOAとは、「Data Oriented Approach:データ中心アプローチ」を指します。

-要望を満たす柔軟な対応-

システムに業務パッケージを導入する場合、パッケージ標準仕様による制約や、独自業務に合わせたエンハンス費用の増大等の問題が生じます。また、パッケージに合わせて業務プロセスを見直す場合には部署間の調整や内部統制上の稟議に膨大な労力とコストが発生します。
弊社の採用するMDA開発手法では、多種多様な業務プロセスや追加要望等に柔軟に対応することが可能です。

-効率的な開発-

従来の開発手法では、テスト工程までシミュレーションができず、システムの実装イメージが捕えづらいといった問題があります。
弊社が採用するPEXA™は業務分析工程で導出する業務モデルと業務シナリオより、システムの実装イメージを可視化することができます。このプロトタイプに対してシミュレーション(検証)とリフレクション(反映)を繰り返すことにより、効率的な開発が可能となります。要求仕様と実装プログラムの平仄が合い、より確実に要求機能の実装を実現します。

従来開発との比較

  MDA開発 スクラッチ開発 パッケージ提供・開発
機能充足性 多種多様な業務プロセスに柔軟に対応 あらゆる業務プロセスに対応 × パッケージ標準仕様による制約あり
可視性 プロトタイプの早期提供でシステムの実装イメージを可視化 × テスト工程まで実装イメージが不明 標準機能を製品で可視化
ユーザビリティ ユーザー毎に適した利便性を提供 ユーザー毎に適した利便性を提供 共通化された利便性の提供
開発工数 短期での導入が可能 × 導入までに長期間を要する 短期での導入が可能だが、エンハンスの場合は時間を要する
レーダーチャート比較 MDA開発のレーダーチャート スクラッチ開発のレーダーチャート パッケージ提供・開発のレーダーチャート

実績

  • 中小企業向け融資斡旋システム
  • 院内物流システム(SPD)

PEXA™について

PEXA™は株式会社アトリスが提供する今までの業務システム開発の概念を変える最先端の開発手法をベースにした次世代の開発環境です。弊社はPEXA™のサポートパートナー(PEXA™での構築実績のあるシステムインテグレーター)です。

最先端の開発手法と理論をベースに、一連のプロセスで業務分析からステートメントを生成、コーディングすることなく実行環境を自動生成するPEXA™ Suiteをコアに業務システム開発を行っております。